サウジアラビア

プロジェクトの背景:

サウジスマートメータープロジェクトは、2030年のビジョンを実現するためにサウジアラビアによって実施された重要なプロジェクトです。これは、サウジアラビアのスマートグリッドとスマートシティの構築の重要な部分です。また、世界最大のシングルスケールスマートメータープロジェクトでもあります。

プロジェクト時間:2020年1月から現在まで(プロジェクトはまだ進行中です)。

プロジェクトの説明:

サウジアラビアのスマートメータープロジェクトは、マスターステーションシステム、スマートメーター、データコンセントレーターユニットなど、サウジアラビアの西部と南部の9つの地域を対象としています。このプロジェクトは、中国のStateGridCorporation。ホリーは2020年1月8日に入札に勝ち、2020年2月2日にスマートメーターとデータコンセントレーターユニットの最初のバッチの納品を完了しました。2021年3月30日現在、ホリーは中国電力設備技術株式会社と協力して102万台のスマートメーターとデータコンセントレーターユニットの納入と設置を完了します。

thr

プロジェクト製品:

三相4線式スマートメーター(ダイレクトタイプ:DTSD545)、三相三線式スマートメーター(変圧器タイプ:DTSD545-CT)、三相三線式スマートメーター(変圧器タイプ:DTSD545-CTVT)、データコンセントレーターユニット(HSD22)。

累計販売数量:102万台のスマートメーターとデータコンセントレーターユニット。

顧客の写真: